暮らしのお金のことを専門としています

(有)北見事務所 

TEL.045-430-1845

神奈川県横浜市港北区菊名

ブログ
書き留めておきたいこと、あれこれです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

医療保険はもらえる機会が多いものほど、よく検討すべき

民間の医療保険のもらえる要件というのが入院の短期化に伴って、もらう機会の多くなりそうなタイプが主流にになってきていますが、生活していく上でのリスクへの備えという点での「バランス」が崩れないかも考えましょう。もらいやすいほど保険料が当然のことながら、高くなります。保険加入を検討する時には、いくら貰えるかということばかりに目が行きがちです。よくよく保険はお金がかかるということを肝に銘じておきましょう。

保険に加入するときは、よく言われることは自分に合っているかどうか、よーく比較検討しましょうとは言われます。真面目で勉強熱心な人ほど保険会社のパンフレットいくつも取り寄せて比較検討をするようです。ですが、この作業、非常に疲れます。各社の保険は、もうほとんど同じような構成で、オプションを複数用意していますので、どの保険が充実しているか、どこの保険会社が安いか、はたまた、どれが自分に合っているかというのは、実は、なかなか比較困難だし、はっきりと言えば無駄な時間になると私は考えています。

保険加入する際にはどれだけ貰えるかという観点で考えていくと、リスクに備える「優先順位」というものを混乱しがちです。保険でカバーすべきは、経済的にダメージの大きいものからです。生活上でのリスクで代表的なものは「死亡」や「入院」、でしょう。まずは「死亡」に対して、きちんと備えるというのが、第一優先です。

死亡は起きる頻度は非常に小さいですが、残された家族の経済的ダメージは大きいことが多いです。一方、入院は起きる頻度は高いですが、経済的なダメージという点では死亡に比べれば小さいのが一般的です。

保険で備える優先順位をイメージにすると、図のような感じです。

頻度は多いが、経済的なダメージの少ないリスクに対しては、貯蓄でカバーできるように、貯蓄を積み上げていくようにしておきたいです。図でいえば、右下の方向です。
左上ほど頻度は低いですが、経済的ダメージが大きいので、保険の出番です。
頻度が低いので、保険料は保障額に対して安く設定できます。

今は日帰り入院でもまとまった、給付金がもらえるタイプが増えてきていますが、保障を充実させるのは、ほどほどに考えておかれたほうが良いと考えます。若いと病気にかかる率が低く、頻度もいっそう低いので、充実させても払える気になるでしょうが、若いということは、長く長く払うということ。リスクの備えに対しては、貯蓄から出せるようにしようという考えも合わせてもち、保険というものに対して、割り切りができることが大切です。でないと、保険貧乏になりがちです。

ネットスーパーは家事革命だ

車のない生活になってから、ネットスーパーのヘビーユーザーになっていて、私のなかでは、家事革命と言ってもいいぐらい、家事と食生活が変わってきています。予約した時間帯に食材が届くことが分かっているので、それまでに届く食材を使って献立を考えたり、手順を確認したりしています。計画がたてやすくなって、これが、大いに食生活の質のグレードアップに繋がっています。

ネットでの注文は、電車の中の移動中やテレビを見ながら、と、隙間時間に必要なものをネット上のカートにどんどん入れていきます。

そのまま注文を確定して送信し、タブレットを閉じてしまうこともあれば、カートに入れたまま、自宅に戻ってタブレットを開き、自宅内の冷蔵庫の在庫を確認したり、調味料等のストックを確認して追加したり、注文を削除したりして、買いすぎないようにこころがけています。


店舗に行かなくても買物ができるというのは、非常に身体も精神的にもラクです。時間にゆとりができる気がします。

時間の比較的自由になる自営業の私でも、ああ、ラクと思うのですから、お子さんのいる働くママには、すごくよいと思います。

私の場合、これまで、買物に時間をとられたくなくて、車で1週間分、大量に食材を購入するという生活でした。大量に購入すると、まず店舗で、買物かごからエコバックに詰めなおす作業をして、家に戻ってからは、すぐに、冷蔵庫や棚にしまわなきゃ。

大量に購入した食材が悪くならないように、野菜を茹でたり、肉を小分けにして冷凍したりすることも欠かせず、これも一仕事です。

それが、ネットスーパーの利用に変わり、3日分程度の新鮮食材を購入すれば、また注文すればよいというスタンスに自然と変わっていきました。

すると、冷蔵庫や棚の調味料や野菜、肉、魚の在庫の過剰なストックが減り、ためこまずに、どんどんフローに変わっていく感じです。

ですが、ネットでの注文は、店舗で実物のものを見て買物かごに入れていくのとは大きく違います。ここにいかに早く慣れていくかが、使いこなしのまず入り口でしょう。実感したポイント、またご紹介しますね。

顧客本位でなく自分本位で保険を獲得すれば信頼を終身で失う

顧客本位( フィデューシャリー・デューティー )で保険を勧めるのでなければ、うまく保険加入を獲得しても、遅かれ早かれ顧客の信頼を終身で失うことになります。

先日、この4月に息子さんが就職したというお母さんのご相談を受けました。息子さんが、月額5万円にもなる生命保険にどうやら加入したというのが分かり、こんなに払えるはずないでしょ、とあわてていました。

設計書を拝見すると、収入保障保険という掛け捨ての死亡保険と、もう1本が、ドル建て終身保険です、合わせると保険料負担は月額5万円を超えます。

その息子さんはまだ結婚しておらず、養うべき家族もいません。シングルの人には優先して獲得すべき保障は、医療保障でしょう。

設計書の表紙には、息子さんに夢を語らせた形跡があります。
夢を語っていただき、どういうことが今必要なのかに気づいていただくのは、ファイナンシャル・プランナーがよくとるアプローチのひとつです。

車が欲しい、海外旅行にも行きたい・・・・・。
若い人らしい夢です。

なのに、死亡保険。。なのに、さらに終身保険。。。今の息子さんには優先順位の高くない保険の組み合わせと思います。死亡保障ばかり厚くするためにお金を使わないで、まず貯めましょ!!

こんなことをお母さんと話しましたところ、お母さんは、即解約させますとのこと。後日返金されることになったというご報告を受けました。

まだ申し込みの段階だったかもしれません。医師の審査の前に保険料の預かり金という扱いだったのでしょうか。詳細わからないのですが、一つ言えるのは、その保険募集人は、息子さんからの信頼を終身で失ったと思われます。

医療保険を、身の丈にあった保障額でまずオススメしていれば、「次」もあったでしょうに。

保険に加入する前には勉強しましょう、とよく言われますが、自分で保険会社と保険を選べるようになるまで正しく勉強するには、時間とやる気が必要です。勉強しても、迷いの坩堝に入り込みがちです。

むしろこういう時は、どのような人に相談すればいいのかと考えて行動することが大切です。これからの長い人生のために、知っておいていただきたいです。

車を廃車にするならディーラーではなく、引き取り業者に買い取ってもらう

車の買い替えならば、買い替え車の購入店でこれまで乗っていた車を引き取ってもらうのではなく、専門の買取業者に引き取ってもらえれば、最低でも1万円にはなります。実際にわが家の愛車、 新車登録から21年という古い古い車も、1万5000円で買い取ってもらいました。

ネットで買取業者を検索すると、何社も出てきます。活躍してくれた愛車ですから少しでも高く売りたいところです。ネットで検索依頼は簡単にできます。その中で高いのを選ぶというのもアリですが、その見積額を元に、電話で見積もってもらうと、より高く買い取ってもらえる可能性があるのでおすすめです。

わが家の車も、ネットでは1万円と買取額が出た業者もあるのですが、他の業者に、直接電話したところ、まず「3000円」と言われました。

「3000円ですかぁ」と、素直な感想をがっかりとして口にしたところ、他社の見積額を聞いてきて、1万円でした、と正直に答えたところ、

「1万5000円、お支払いできますが、この電話で決めていただけますか」とのこと。

きっぱりとした口調ですが嫌な感じはしません。こんな古い古い車でも、買取業者さんでは、他社より高くしてでも、買取りたいということなのでしょう。

「それでお願いします」と、いうことで、商談成立です。

買取のこちらからの中止は、違約金として3万円とのこと。

うっかりそのような心変わりがないようにしなければなりません。

10連休をはさんだので、やや日数を要して、買取代金が振り込まれました。

ネットで見積もり、交渉は電話でというのが、高く買ってもらうポイントだと思いました。

ネットで何でも完結できる世の中になりましたが、交渉を有利にすすめるには、直接、直接が無理なら、電話でやりとりすることがやはりポイントですね。

車を手ばなしての感謝とさびしさ

人さまの家計を診断し、ここをカットすればこんなに貯まります、といった家計アドバイスの仕事を30年近くやってきて、「家計カットの王道」とも言うべき常連の指摘ポイントのひとつが、「車を手ばなす」というもの。

そんなのセンセイに言われなくてもわかってるし。
でも、無理。
と言われたほうは思っている(・・・)。
言うがやすしで実行はとても難しい。

本日、わが家の車が買取業者のトラックに載せられて、わが家を去って行きました。車検切れまであと数日というなかで、決めてはいたものの、本日、車が行ってしまった空きスペースを見ると、(;_;)が出てきます。

3年落ちで購入した中古車を18年乗りました。

いろいろな箇所が故障したり交換が必要になるたび、これまた中古の部品で直してもらいながら、ここまで使ってきました。エンジンは好調で、まだまだ走れそう。

でも、車検を通してまた2年使うのかと迷いに迷いましたが、2年延命するためにかかりそうな経費、使う頻度、必要性を考え、この車は処分しようと決めました。

買取業者2社にアクセスして、1万5000円で買い取ってもらいました。

解体業者は、ここから使える部品を生かすらしい。一部でも使われると考えると、心の痛みが気持ちも多少やわらぎます。

ただのおんぼろ車なのに、買取業者のトラック載せられて家を離れていく愛車のすがた。可愛がっていた馬や牛が、売られていくような気持ちです。

子どもたちが成長していく過程で、あるのが当たり前のように使ってきて、手離す段になり、家族のシーンがいくつも思い出されます。18年間、おつかれさま。そして、ありがとう。

さて、車を手離したこれからのは、また、購入するか、カーシェアで合理的に車を使っていくのか、まだわかりません。

子どもたちも、もう社会人となり、「家族」も次のステージに入っています。車をどのように使っていくのか、これからの暮らしの変化に合わせて、車との新しい関係のスタートです。