暮らしのお金のことを専門としています

(有)北見事務所 

TEL.045-430-1845

神奈川県横浜市港北区菊名

「106万円の壁」より「月額8万8000円の壁」を意識すべき

「106万円の壁」より「月額8万8000円の壁」を意識すべき

この10月から「106万円の壁」が存在ずるようになったのですが、該当する人が25万人もいるとのことで、社会的関心も高く、1年以上まえからこのテーマが、各種メディアにとりあげられてきました。

これまでよく言われてきた「103万円の壁」「130万円の壁」に加えて、「106万円の壁」というように、並べて言われたりすることが多いのですが、「106万円」という年間額で考えてしまうのは、少し違う認識になってしまうと思います。

今回の「106万円の壁」は、月額8万8000円×12カ月と計算したところから出てきた表現ですが、1年が終わっての年間収入で判定されるわけではありません。月あたりの収入で見ていきます。

「年末が近づいて106万円を超えそうだから、休みを多くしよう」といった調整ができるわけではないということです。

過去1年の収入で見るのではなく、これから先、月額8万円8000円が固定額として支払ってもらうような働き方をしていくかどうかです。

過去形ではなく、この先に向けての事業主との契約でどうなっているか、です。
1年以上、働くことが見込まれていることも要件になっています。

ですので、去年、たまたま106万円を超えたパート収入があったとしても、該当するとは限らないです。

厚生労働省のサイトに、該当するかどうかのチャートが載っています。
考え方の整理に参考になります。

(下図は厚生労働省のサイトから引用しています)

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です