四方山コラム

四方山コラム

コロナ禍のいま、まず書いて残しておきたい「お金の伝言」

最初から完璧に作成しようと考えない エンディングノートを書いておいたほうがよいのは言わずもがな、ですが、人は自分に都合のよいように考えます。私などは、先に亡くなるのは、私よりも不摂生をしている夫のほうだと、漠然と思っています。 ...
四方山コラム

Amazonフレッシュで自分時間が10倍増えたわけ

Amazonfreshのユーザーになり、買物に行く時間がかからなくなり、自分時間が大きく増えました。ネットスーパーとしては現状もっとも使いやすいです。スマホ、タブレット、PCとほとんどリアルタイムでカゴに入れた商品が同期されるので、どこでも注文できる点がダントツです。
四方山コラム

ネットスーパーは家事革命を引き起こす

ネットスーパーで食材を注文するようになり、これまでの1週間分買い出しスタイルから、2,3日ごとに届いた食材を使い切るというスタイルに激変しました。慣れるほどにラクになっていきます。まさに家事革命です。
四方山コラム

車を廃車にするならディーラーではなく、引き取り業者に買い取ってもらう

車の買い替えならば、買い替え車の購入店でこれまで乗っていた車を引き取ってもらうのではなく、専門の買取業者に引き取ってもらえれば、最低でも1万円にはなります。実際にわが家の愛車、 新車登録から21年という古い古い車も、1万5000円で買い取...
四方山コラム

車を手ばなしての感謝とさびしさ

人さまの家計を診断し、ここをカットすればこんなに貯まります、といった家計アドバイスの仕事を30年近くやってきて、「家計カットの王道」とも言うべき常連の指摘ポイントのひとつが、「車を手ばなす」というもの。そんなのセンセイに言われなくてもわか...
四方山コラム

つみたてNISAの登録商品は金融庁によるお墨付き投信で選択しやすくなる

つみたてNISAの制度は、これまでの税制優遇制度にはない特徴があります。金融庁が、投資信託等に満たすべき要件をもうけて、厳しく絞りこんでいます。国民の資産形成にプラスにならない投資商品は「排除」。金融機関に対して「資産運用の担い手としての責...
四方山コラム

NISAからつみたてNISAに切り換えるとロールオーバーできない

通常のNISAから「つみたてNISA」に切り換えた場合、次の5年間に繰越する「ロールオーバー」は、出来ません。売却するか、特定口座に移すことが必要になります。NISA口座内で、通常のNISAかつみたてNISAのどちらかしかできないという仕組...
四方山コラム

2017年料理は趣味かもしれない

2017年になりました。 本年もどうぞ宜しくお願いいたします。 今年の年賀状に書いたこと、 「次男が昨年結婚し、かわいいお嫁さんをつれて帰ってきてくれるようになったら、しぼんでいた料理意欲が復活してきました。 『人生100年時代』とみなし...
四方山コラム

「106万円の壁」より「月額8万8000円の壁」を意識すべき

パートで働くときに気になる収入の壁。103万円の壁よりも月額「8万8000円」を超えるか超えないかを意識し、働き方を選択していく必要があります。
四方山コラム

親のお金の管理(2)成年後見の補佐人から後見人への制度変更しました。理由は。

これまで母親の成年後見制度の「補佐人」でしたが、職業後見人である弁護士の先生に管理をお願いしないといけないことになりました。考えたすえ、自分が「後見人」につけるように新たに申請しなおしました。手間ひまがとてもかかりましたがこれでよかったと思います。
タイトルとURLをコピーしました